ノコギリヤシを飲んでニキビを予防!?

ノコギリヤシには男性ホルモンを調整する役割があります。男性ホルモンには皮脂を増やす働きがあり、過剰に分泌されるとニキビができやすくなりますから、ノコギリヤシによる男性ホルモン調整効果でニキビ肌が改善される可能性があります。実際にその効果を期待して様々な研究がなされていますが、まだ研究段階ではっきりした効果は確認できていません。
また、ノコギリヤシはホルモンに対する効果があるため、妊娠可能年齢の女性や、思春期以前の若年男性は摂取を控えた方が良いでしょう。ノコギリヤシがどのように作用してニキビ肌を予防するのか、また、摂取するときに注意したほうが良い点についてまとめました。

ニキビ発生とホルモンの関係

ニキビ発生には皮脂の分泌が関わる

皮脂を分泌する皮脂腺は毛穴の奥にあります。健康な場合、皮脂は毛穴から肌の表面に分泌され、皮膚を覆って守る働きをしています。しかし、毛穴が皮脂の塊や古い角質で詰まってしまうと、皮脂が毛穴の中にたまっていってしまいます。そこにアクネ菌などの細菌が繁殖してニキビができます。このようにニキビの発生には皮脂の分泌が大きく関わっています。

男性ホルモンは皮脂の分泌を増やす

ホルモンには皮脂や肌の水分量、角質の量を調整する働きがあり、中でも男性ホルモンは皮脂の分泌と角質を増やす働きをしています。
男性ホルモンが過剰に働くと皮脂の量が過剰になって、角質も増えてしまうためニキビのできやすい肌になってしまいます。そのため男性ホルモンの働きを調整してくれるノコギリヤシがニキビの予防に対して役立つのではないかと考えられています。

ノコギリヤシのホルモンバランス調整効果

男性ホルモンのバランスを考える時に重要なのが、ジヒドロテストステロンの存在です。ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンの一つであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の働きによって、より強力な作用を持つ型に変化したものです。ジヒドロテストステロンは赤ちゃんや成長期の男性が男性らしい体つきを作るために重要な働きをしているのですが、年齢を重ねてくると、このジヒドロテストステロンは薄毛、前立腺肥大、精力減退、ニキビという困った状況の原因となってしまいます。

ノコギリヤシには酵素である5αリダクターゼを減らして、悪玉男性ホルモンとなるジヒドロテストステロンを減らす効果が確認されており、このことからニキビに対する効果も期待できると考えられています。

摂取の際に注意したいこと

ノコギリヤシで重大な副作用が起こることはとても少ないのですが、ジヒドロテストステロンの大切な作用として、赤ちゃんや成長期の男性を男らしい体に変化させる作用がありますので、この時期の男児や妊娠中の女性は摂取しない方が良いと考えられます。

まとめ

まだ研究段階ではありますが、ノコギリヤシの男性ホルモンに対する効果はニキビ肌に対しても効き目が期待できると思われます。女性にも男性ホルモンは存在していてジヒドロテストステロンが作られているので、ホルモンバランスの改善を期待して摂取してみるのも良いでしょう。様々なサプリメントがありますから自分に合った製品を選んで取り入れてみてはいかがでしょうか。

(参考)
ノコギリヤシでニキビ対策
http://www.mostrips.com/nikibitasaku.html
ノコギリヤシでニキビの抑制効果
http://www.awajihanahaku2010.jp/yokuseikouka.html
ノコギリヤシの美肌効果
http://www.3eeezw.com/4.html

ページのトップへ戻る