M字前髪の悩みにノコギリヤシ

生え際がだんだん気になってきた方にお勧めの健康食品にノコギリヤシがあります。額がM字型に後退してくる症状の原因は、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きにあり、このジヒドロテストステロンを減らす効果があるのが、ノコギリヤシです。ノコギリヤシがM字前髪に効く理由について詳しく説明していきます。

M字前髪を引き起こす原因物質

薄毛を引き起こすジヒドロテストステロンの働き

M字前髪を発症する原因には、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が関わっています。ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素が、男性ホルモンであるテストステロンと結合することで作られます。
ジヒドロテストステロンが乳毛頭細胞にある受容体と結合すると、毛のもととなる細胞を作っている毛母細胞を攻撃して、細胞分裂を低下させます。この細胞分裂が低下してしまうと頭髪は満足に成長することができず細い髪の毛になり、成長の途中で抜けてしまうことも多くなり、薄毛へと発展してしまうのです。

M字前髪に影響するのは2型5αリダクターゼ

5αリダクターゼには、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの2つがあり、これらは存在する場所が違っています。中でも2型5αリダクターゼは、額や生え際である前頭部と頭頂部の毛根にある乳毛頭細胞に存在しています。ですから、額がM字型に後退してくる症状にはこの2型5αリダクターゼが作り出すジヒドロテストステロンが関連していると考えられます。

ノコギリヤシの効果

5αリダクターゼを減らす

ノコギリヤシは5αリダクターゼを減らして、ジヒドロテストステロンが生成されにくくする効果があります。1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方を減らす効果がありますから、M字前髪の原因である前頭部の毛母細胞にも効果が期待できます。

毛根がジヒドロテストステロンを取り込むのを減少させる

ノコギリヤシは、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の存在している毛根に取り込まれるのを防ぐ効果もあります。

男性ホルモン受容体とジヒドロテストステロンの結合を減少させる

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモン受容体に結合することで薄毛の原因を作り出しますが、ノコギリヤシはジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合するのを防ぐ効果もあることが報告されています。

(参考)
ノコギリヤシでM字前髪の改善はできるの?
http://www.integratedmedia.org/24.html
薄毛に効くのはノコギリヤシ
http://manten.extrem.ne.jp/ds/
ノコギリヤシは抜け毛にも効果が期待できる
http://chuh.jp/nikege.html

ページのトップへ戻る